企業の実態を見える化「SAP」の特長と導入のポイント

SAP(S/4 HANA)は、どんなシステムなのか?


SAPは、販売・購買・製造をリアルタイムで会計と連携するERP(企業資源計画)思想を基に提供されている基幹システムパッケージです。ERPとは、Enterprise Resource Planningの略語で、「ヒト/モノ/カネ」といった経営資源の情報を一元的に管理することで経営の効率化、また人材の最適配置を実現する…など、企業活動の「守り」の要となるマネジメント手法のことを指します。そういったERPシステムパッケージのなかでも、SAPはとりわけ「リアルタイムで連動する仕組み」と「統合システムとしてのアーキテクチャ」に強みを持つソリューションシステムです。

SAPで実現できることは?


リアルタイム連動で、分析や対策をスピーディに!

SAPは、「計画情報」「オーダー情報」「実績情報」をリアルタイムで連動させることが可能です。そうすることで、事業管理者は予算と実績をスピーディに確認することができ、何か問題が発生したとしても、早い段階での原因分析や打ち手の立案が可能になります。

【リアルタイムで連動する仕組み】

日々の業務で発生した伝票と会計システムが連動しています。

あらゆる業種・業態の業務プロセスを網羅できる! 

SAPは業務に必要な伝票やマスタ、またそれらの項目レベルまでデフォルトで存在していますので、基本的な部分についてはプログラムを作成しなくても開発可能です。また、要件定義やその変更も容易にでき、あらゆる業種・業態の業務プロセスのひな形も用意されているため、さまざまな業界の統合システムとして世界各国で活用されています。


SAPの導入方法と知っておきたい留意点とは?


SAP導入の流れ

1|要件定義

統合したいシステムや、実現したい目標を明らかにしたうえで、どのようなシステムを構築するべきかを定めます。

2|システム改修作業

開発機で不具合改修、要件変更によるシステム改修を実施します。開発機の中ではClientを分けて運用し、正しいカスタマイズを設定。Client2以降に移送処理をします。

3|品質保証機で結合テスト

本番機とほぼ同等の環境である品質保証機で結合テスト以降を実施します。ここでのテストのポイントは、データが本番データとほぼ同一のものであることです。

4|本番機へ移送処理

品質保証機でシステムの品質が確認でき次第、「本番機」へ移送処理をします。


SAP導入の留意点

SAPには独自の設計思想があるため、導入する際に開発者の方は注意が必要です。例えば、組織コードひとつをとっても、組織コードにはコード以上の意味が存在しており、それを考慮しながら組織を設定しなければなりません。例えば、プラントというコードは「在庫を保持する」という意味合いのほかに、「標準原価を保持する単位」「在庫計画を立案する単位」といったことを考慮した定義が必要なのです。SAPの開発は、やはりしっかりとSAPを理解し、豊富な実績のあるチームで導入作業を行うことが望ましいと言えます。

グラビス・アーキテクツにおけるSAP導入・利活用事例


製造業のサプライチェーン改善に貢献

納期遵守率は40%と低く、在庫金額は2.6億円にもおよんでいたお客様。当社は部品流動データをもとに、在庫運用精度の改善をご提案しました。部品流動の最適化を実現する倉庫レイアウトを提案するだけでなく、SAP導入によって在庫の配置状況をデータに紐づけ、タブレットPCでリアルタイムな在庫管理を実現。新制度の定着化までご支援した結果、納期遵守率は50%改善の90%となり、在庫金額も12%削減することに成功しました。


事例詳細を見る


自動車部品メーカーの基幹業務システム刷新

「基幹業務の改善が急務」との課題を持たれていたお客様に対し、要件を把握したうえでERPソリューションを比較検討いただき、SAPを導入することになりました。SAP導入後は業務効率が大きく改善しましたが、その要因は社内外の関連システム全体を考慮しつつ、「業界特有の業務プロセス」に特化したソリューションを適用したことにありました。SAPの“柔軟性”を生かした成功例です。




グラビス・アーキテクツなら経験豊富なコンサルタントが導入支援


SAP公式パートナーであるグラビス・アーキテクツのビジネスイノベーション部門には、戦略コンサルタント出身のコンサルタントだけでなく、システムエンジニアなど多用なバックグラウンドを持つコンサルタントが在籍しています。さまざまな業界のお客様の課題に柔軟に対応し、最適解をご提案しております。まずは、ご相談ください。


コンサルタントを見る(仲林功丞)

コンサルタントを見る(福山敏宏)

“世界で戦える企業価値を創造する”ビジネスイノベーション


グラビス・アーキテクツのビジネスイノベーション事業部門では、企業の生産性向上を実現することで、さまざまな社会課題を解決すべく、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。