代表挨拶

社名の由来


G lobalization and  L ocal  A ctivation , to create  V alue for  I ntelligence and  S trategy.
グラビス・アーキテクツは、クライアントのグローバル化と地域活性化を同時に実現するために、より戦略的に、より理知的に、価値を創造していきます。

GLAVISという社名には大きく2つの思いを込めています。一つは、「グローバル経済圏」と「ローカル(地方)の経済圏」それぞれにおいて問題を解決していきたいという思いです。特に日本全体の生産性を考えると「ローカル(地方)の経済圏」の生産性向上が重要であると考えています。もう一つは、理知=物事の道理にのっとって判断すること、です。いいかえれば、”正しく”考え行動すること、とも言えます。世の中には”絶対の正義”というのもはないです。その時代背景により正義の定義も変わります。ただ、その中でも「世の中にとって何が意味のあることなのか?」を問い続けることが重要であり、そこを貫ける会社であり続けたいと考えています。

当社設立経緯


前職で勤めていた会社(大手コンサルティングファーム)で北海道に開発センターを立ち上げました。社員が約50名程度まで成長できたのですが、会社方針により閉鎖を余儀なくされました。会社からは、「開発センターの案件は地元企業に譲渡か売却をして、東京に戻ってきて公共向けのコンサルティングに戻ってほしい」と指示を頂きました。しかし、顧客へのサービスを途中で投げ出すことは一生負い目を感じて生きていくことになってしまうと考えました。そこで、会社に残るのではなく、責任をもって顧客との仕事を全うすることを選び、一部の事業と人を引き継いでグラビス・アーキテクツを起業しました。

会社の指示に従って東京に戻ったほうが楽(らく)だったかもしれません。ただ、それでは自分にとって”正しい”と思える生き方にはならなかったと感じています。最後まで責任をもって仕事をやり遂げたからこそ、認めて頂けた方、支援して頂けた方もいて、そうやってできた財産は一生の宝になっています。

この思いは、Closerという表現で当社の重要な価値観の一つになっています。


「地方を大事に」というこだわり


現在、当社のビジネスの中心は東京です。しかしながら、2020年より東京と札幌の両事務所を本社としています。札幌が創業の地であることが一つの理由です。ただし、それ以上に、「東京でも地方でも関係なく、自身が目指すキャリア・生き方ができる環境をつくりたい」という思いを込めております。

東京一極集中の現代において、思い入れのある地元において自身が望むキャリアを歩めない場合もあります。そして、そのことが「Local経済圏における生産性」という社会問題ともつながっていると考えています。私たちはこういった社会構造を変えていくことは、一つの重要な社会課題の解決だととらえ、まずは、自社において実践しています。

令和におけるあるべきコンサルタント像


昨今のコンサルティング業界に対しては非常に危機感を持っています。大手ファームを中心に規模の拡大を追求した経営をしています。その結果として、コンサルタントという肩書の人が急増しています。しかし、本来のコンサルティングとは問題解決をする仕事であり簡単な仕事ではありません。本当の意味での「コンサルタント」がそれほどいるわけではなく、また、今の状況では育ってこないと考えています。

だからこそ、我々は、そこに抗い、規模の拡大で悦に入るのではなく、これからの「令和型のコンサルティング」を目指しています。これまでのコンサルティング業界では、主語を「自分」として語ること=「自分(自社)はこれだけすごい」という話が多かったです。しかし、これからのコンサルティング業界に求められるのは、主語を「社会」にする姿勢だと考えます。

需要減少により大量生産大量消費が終わり、「手段」の大量供給よりも「目的」に沿ったより丁寧な仕事が求められている今、より社会問題解決を志向した新しい令和型のコンサルティングの形を作っていくことが重要だと考えています。


企業情報TOP

コーポレートメッセージ