重点取組事項

次世代の人材育成

今後の日本において、様々な社会課題を解決する力をもった人材を多く輩出することが大事と考えております。
そこで、ビジネスの実践の場に出る前の時点から、必要な知識・知見を伝えていくことを目的として、複数の大学において講座をもっております。
現場の最前線で活躍する弊社コンサルタントが講師となり、現場実務で培ったナレッジをベースとした講義を行っています。

 北海道大学/経営学特殊講義Ⅱ(コンサルティング業務論)
 駒沢大学/ERPシステム概論(ERPの仕組みと生産性改善のメカニズム)

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

計画期間
令和 2 年 7 月 1 日 ~ 令和 4 年 6 月 30 日

当社の課題
課題1: 採用者に占める女性割合が低い雇用管理区分がある
課題2: 女性社員が少ない、もしくはいない

目標
・ 採用した労働者に占める女性割合を20%以上とする
・ 労働者に占める女性割合を15%以上とする
・ コンサルタント職管理職における女性比率を10%とする

取組内容と実施時期
取組1: 中途採用の積極的実施と新卒採用と同等の育成・登用を行う
● 令和 2年 7月~  応募者数増加のための施策検討
● 令和 2年 8月~  施策実施
● 令和 3年 4月~  採用実績の検証とさらなる改善策の検討・実施
取組2: 育児・介護・配偶者の転勤等を理由に退職した社員に対する再雇用制度の導入・利用を促進する
● 令和 2年 7月~  制度設計
● 令和 3年 1月~  制度導入
● 令和 4年 4月~  利用状況などの確認、改善点の明確化と実行

取組3: 働く場の多様化(テレワークの積極推進)と環境整備
● 令和 2年 7月~  テレワーク主体の働き方への切替を宣言、各種規則・規程の変更、手当の新設、情報セキュリティ強化

取組4: 人材育成体制の充実
● 令和 2年 4月~  人事制度改定、目標設定制度の導入と1on1MTGの定期開催
● 令和 2年 7月~  個別の研修計画の立案と実施
● 令和 3年 4月~  マネジメント人材の育成プログラムの実施

様々なフィールドで活躍するプロフェッショナルの応援

業界をこえて様々な分野で活躍するプロフェッショナルを応援しています。

1991年11月13日生  北海道札幌市出身
北海道札幌西高等学校- 早稲田大学先進理工学部応用物理学科卒

2000年より北海道立総合体育センター、北海きたえーるにてスポーツクライミングを始める。中学生からユース大会での優勝含む表彰台を複数経験、その頃からユースの国際戦に出場し始める。
高校2年時のボルダリングジャパンカップ3位入賞を機に、シニア国際戦デビュー。学業と両立しながら、大学3年時にはW杯初優勝を果たす。大学卒業後はプロ宣言し、現在も日本代表として10年以上W杯で戦い続ける。また日本山岳・スポーツクライミング協会のアスリート委員長も務める現役ベテラン選手である。

北海道出身
北照高校-近畿大学
2007年(株)サンミリオン契約選手
2018年ドラゴンワークス(株)設立


戦績:
2011年 アルペンスキー全日本選手権 回転 優勝
2012年 ヨーロッパカップ出場 最高17位
2013年 アルペンスキー全日本選手権 大回転 優勝
2013年 FEC(ファーイーストカップ) 回転 優勝
2014年 FISワールドカップ ボルミオ大会 回転出場
2015年 国体成年男子B組優勝
2015年 全日本スキー技術選 総合9位
2015年 国体成年男子B組優勝
2016年~2018年 全日本スキー技術選 総合4位
2019年 全日本スキー技術選 総合優勝

企業情報TOP

NEWS